仙丈ヶ岳(プライベート企画定型プラン)

仙丈ヶ岳と薮沢カール
仙丈小屋付近から見た仙丈ヶ岳と薮沢カール。
仙丈ヶ岳への稜線と小仙丈カール
仙丈ヶ岳から少し下ったあたりから、山頂からの稜線と小仙丈カールを望む。
特徴
  • 南アルプスの小屋泊まり入門コースとして最適です。北沢峠からの標高差はおよそ1,000mですが途中の山小屋で1泊することにより、のんびりした登山を楽しむことができます。
  • 仙丈ヶ岳は南アルプスに初めて登る方におすすめの山です。。南アルプスの山は一つ一つの山が大きく登りがいがあります。その中でも、ちょうどよい位置に山小屋がある仙丈ヶ岳は、1泊2日の行程で登りやすい山の一つであると考えています。
実施時期 7月~10月中旬(10月は雪の状況にもよりますのでご相談ください)
行程

【1日目】

集合 北沢峠9:00頃 (または茅野駅周辺宿泊場所6:15頃)
バス 長野県側: 仙流荘(8:05)~大平山荘(9:00)
   山梨県側: 広河原発(8:00)~北沢峠(8:25)
   または広河原発(6:50)~北沢峠(7:15)
※甲府(または芦安)~広河原間のバスの運行時間は要確認

北沢峠・・(0'15)・・大平山荘・・(薮沢新道2'30)・・馬ノ背ヒュッテ・・(0'55)・・仙丈小屋
(コースタイム 3'40)
【2日目】
仙丈小屋・・(0'25)・・仙丈ヶ岳・・(0'40)・・小仙丈ヶ岳・・(0'40)・・五合目・・(1'20)・・北沢峠
(コースタイム 3'05)
解散 北沢峠(12:00頃)

  • 仙流荘からバスに乗る場合は大平山荘で下車し、そこから登り始めます。
  • 集合時間はおよその目安です。15時前には仙丈小屋に到着できるような行程にできるよう出発時間についてご相談させていただきます。バスのダイヤは5月下旬頃確定します。
  • 天候や到着時間によっては1日目に仙丈ヶ岳山頂まで登ります。また、2日目は天候が良ければご来光を山頂で見ることができます。
アクセス 【電車をご利用の方】
長野県側の起点となる仙流荘から北沢峠行きのバスに乗ります。仙流荘まで行くよい時間帯のバスがないためJR茅野駅から仙流荘まで車でお送りできますので、茅野駅近くで前泊していただけるとよいかと思います。
山梨県側からはJR甲府駅から広河原行きの直通バスが便利です。広河原で北沢峠行きのバスに乗り換えます。

【マイカーご利用の方】
南アルプスはマイカー乗り入れ禁止のため、長野県側は仙流荘、山梨県側は芦安の駐車場を利用し、そこからバスに乗ります。芦安からは広河原行きのバスに乗り、広河原で北沢峠行きのバスに乗り換えます。
定員 6名まで  ※ 最小催行人数 1名
レベル 体力レベル: ★★☆
技術レベル: ★☆☆
      
                                                                                                       
体力
レベル
説明
★☆☆1日の歩行時間が2~4時間程度、または起伏の少ない比較的なだらかなコース。体力に自信のない方、登り始めて間もない方や、小さなお子様がいらっしゃるご家族で登られる方に向いています。
★★☆1日の歩行時間が3~6時間程度、または標高差が比較的小さなコース。山歩きに少し慣れてきたら、ぜひ少し長めコースにも挑戦してみてください。
★★★1日の歩行時間が6時間以上、または標高差が大きいコース。健脚向きですが、だんだんステップアップしていくと決して無理ではありません。
                                                                                                    
技術
レベル
説明
★☆☆よく整備された歩きやすい山道。
★★☆岩場、鎖場、はしごが途中にあるコース。急な登り下りのあるコース。
★★★岩場や鎖場が連続するコース。足場が悪いコース。

当クラブが八ヶ岳やその周辺の山において実施する登山に対して主に初心者の方向けに設定している目安です(一般的な登山レベルより少しきびしくしてあります)。ご不明な点は遠慮なくお問い合わせください。

OK    
参加費用 【1名 48,000円】
【2名 58,000円】
【3名以上 72,000円】
  • 参加費用は人数分合わせた合計料金です。ガイド料、ガイド諸経費が含まれます。ご夫婦で参加いただける場合お二人分合わせて52,000円です。
  • 山小屋の宿泊代(1泊2食付きで大人8,500円)および北沢峠までのバス代が別途必要です。
装備・服装 ザック、登山靴、登山に適した服装、カッパ、防寒具、帽子、水筒(1リットル程度)、初日および2日目の昼食、行動食・非常食、ヘッドランプ、救急用品、健康保険証、タオル類、宿泊に必要なもの

その他必要に応じて
 帽子、地図、コンパス、ストック、サングラス、ザックカバー
備考
  • 登りは薮沢ルートを予定していますが、7月に残雪が多い場合は通行できない場合もあります。その場合は、北沢峠から登ることになりますのでご了承ください。
  • 馬の背ヒュッテに宿泊することも可能です(北沢峠への下山時間はその分遅くなります)。

お申込みにあたってはこちらの申込みの手順・注意事項などをご一読ください。

仙丈ヶ岳登山プランを申し込む
プライベート企画プランに戻る